菊池涼介の髪型はパンチパーマ?現在や大学時代は?

MLB級の華麗なプレーを見せる広島東洋カープの菊池涼介選手。

セカンドのレギュラーとしてカープのセリーグ2連覇にも大きく貢献し、侍ジャパンにも選ばれるなど球界のスターともいえる存在です。

 

では、そんな菊池選手の髪型はどんな感じなのでしょうか。

ここでは、菊池選手の髪型を画像とともに紹介していきます。

 

菊池選手の髪型画像

まずは、菊池選手の髪型が分かる画像を一気に紹介していきます。

By えすぱにぃ – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=64319131

2017年優勝パレード時の髪型です。

短髪で、パンチパーマがかかっているようにも見えます。

 

出典:http://www.carp-gurumet.com/player.shop_guide2/kikuri.html

自身のプロデュースメニューを食べている菊池選手です。

 

出典:https://ameblo.jp/kumiko-0930/entry-11673991064.html

こちらは2013年頃の写真です。少しこれまでの画像と比べると、髭が短く髪が長めでしょうか。

 

このように、菊池選手は刈り上げ気味の短髪が基本で、パンチパーマのような感じになっていることもあります。

パンチパーマの理由については、菊池選手は「コージさんにあこがれているから」と話しています。

 

コージさんと聞くと誰やねんとなりますが、恐らく「ミスター赤ヘル」とも呼ばれている山本浩二さんのことを指していると考えられます。

山本浩二さんも、現役時代はパンチパーマにしていた時期があります。

 

もみあげが長く、顎髭から髪の毛まで毛が切れ目なく繋がっているのも印象的ですね。髭の長さは時期によって差がありますが、同じ髪型でも髭によって大きく印象が変わっている感があります。

 

高校や大学時代は?

菊池選手は2011年ドラフト2位で、中京学院大学から広島カープへ入団しています。

大学時代はどのような髪型だったのでしょうか。

出典:http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/007461.php

ドラフト指名後、大学のある中津川市の市長を訪問した時の画像です。

フォーマルな場なので当たり前かもしれませんが、今より髭が伸びていません。また、少し髪は長めでしょうか。

出典:http://akinomono.jp/blog-entry-11809.html

入団会見時のものです。

出典:http://yutaland.com/2574.html

大学のユニフォーム姿はこんな感じです。

髪型も恐らくスーツ姿の上2枚と大差はないと考えられます。

 

菊池選手はどんな選手?

ここまで菊池選手の髪型を紹介してきましたが、最後に菊池選手はどのような選手なのか、見ていきたいと思います。

 

経歴・プロフィール

  • 身長/体重・・171cm/72kg
  • 生年月日・・1990年3月11日
  • 投打・・右投げ右打ち

菊池選手は高校は武蔵工業大学第二高等学校(現:東京都市大塩尻高等学校)出身で、甲子園経験はありません。意外にも、この時のポジションはサードでした。

 

大学は中京学院大学へ進学し、ここで1年春から出場機会を得るなど頭角を表し、5回のベストナインを受賞するなどリーグを代表する野手に成長しました。

このようなこともあり、プロのスカウトの視線を集め、ドラフト候補に名前もあがるようになりました。最終的に広島カープが2位で指名と、非常に高い評価を受けます。

 

プロ入り直後は2軍でしたが、正二塁手の東出選手が離脱すると以後2塁のレギュラーとして穴を埋め、翌2013年からは141試合に出場するなど完全にレギュラーに定着しました。

 

レギュラー定着当初は打率2割台前半でしたが、2014年は打率.325、HR11本を記録するなど、打撃面でも大きな進歩を遂げます。

 

もともと守備面は非常に優れた選手で、走れる選手でもありますので、打撃でも素晴らしい成績を残すことで、一気にスターの座へ上り詰めました。

打順は主に2番を打ち、2013年、2015~17年にはリーグ最多犠打も記録しています。

 

菊池選手のプレースタイル

菊池選手は走攻守3拍子揃った選手ですが、最大の魅力は守備でしょうか。

まるでMLB選手のような凄みのある守備をし、守備範囲も広いです。その身体能力を生かし、良い意味で型にはまっておらず日本人には少ないタイプといえるでしょう。

 

前述した通り大学時代は元々ショートを守っていましたが、カープでは東出選手の後釜としてセカンドを守っています。

2013年は守備範囲の広さもあってかリーグ最多失策も記録しましたが、2016年、2017年には守備率が.990を超えるなど、ただ守備範囲が広いだけでなく安定感も増しています。

 

打撃でも高いアベレージを残すことができ、HRも毎年10本前後放つなど意外な長打力もあります。一方で四球は多く選べるタイプではありません。

盗塁も毎年10~20前後記録しており、走の面でも優れたものを持っています。50m5秒9ともいわれ、ここでも身体能力の高さが伺えます。

 

最後のまとめ

菊池選手の現在の髪型は主に刈り上げた短髪になっており、坊主頭にも近い感じです。

それだけ言うと一見なんてこともない髪型なのですが、もみあげなども相まって非常に独特な風貌になっています。

 

今のところ髪型にはあまりオシャレをしていませんが、その真面目な印象とは裏腹の、スター性を感じる華麗なプレーが菊池選手の持ち味です。

今後どのようなキャリアを歩むのか、果たして髪型を変えることはあるのか注目していきたいですね。

<こちらの記事もおすすめです>

坂本勇人の髪型はどんな感じ?茶髪やパーマの時期も?

筒香嘉智の髪型はモヒカン!?画像ややり方は?

山田哲人の髪型はナチュラル!セット法は?お母さんも切る?

 

天パ・くせ毛に悩むあなたへ!