短髪やパーマがカッコいい!三浦翔平の髪型は?セット法も紹介

ご覧頂きありがとうございます。

ここでは、『短髪やパーマがカッコいい!三浦翔平の髪型は?セット法も紹介』というテーマでお送りしていきます。

 

 

三浦翔平さんといえば「僕たちがやりました」「好きな人がいること」「正義のセ」など、数多くのドラマ等に出演していますね。

イケメンで女性からの人気も高く、ドラマに出演するごとに話題になっていますね。

 

そんな三浦翔平さんですが、髪形も話題になることが多く、三浦翔平さんの髪型の話題は尽きることがありません。

女子受けもよい髪型で、三浦翔平さんの髪型を真似してみたいメンズも続出中のようです。

ここでは、そんな三浦翔平さんの髪型について

  • 髪型画像
  • セット法

について解説していきます。

女子受け抜群の三浦翔平さんの髪型をご堪能あれ。

 

三浦翔平の髪型画像

まずは、三浦翔平さんの髪型画像を見ていきましょう。

 

6:4分け

出典:https://www.oricon.co.jp

6;4ぐらいの位置で分け目を作った髪型です。

髪は全体的にストレートに整っている感じがしますが、毛先は外はねのようなかたちで動きを出しています。

また、分け目付近のトップの髪の根元はかなり強めにカーブをかけていますね。

カーテンをかけたようなイメージの髪型に仕上がっています。

 

~セット法~

最初にドライヤーでブローし、分け目や前髪をクセ付けしておきます。

続いてアイロンを用いて、毛先には外はね、分け目の根元部分は内巻きにカールさせます。

特に6:4の6側の強いカールはこの髪型の特徴ですので、しっかりとカールさせてくださいね。

最後にワックスをなじませて完成となります。

ワックスはツヤ感や濡れ感を出せるジェルタイプのものがおすすめです。

 

無造作6:4分け

出典:https://mdpr.jp

こちらは1つ上で紹介したヘアスタイルと似ていますが、より無造作な動きを出して、カジュアルな感じになっていますね。

特に毛先付近はかなり強めの動きが出ています。

このような強い動きのある髪型にしたい場合、くせ毛が強い方でなければあらかじめパーマをかけておくのがオススメです。

セットに関しては1つ上と同じような形でセットすればOKです。

 

茶髪ウルフカット風

出典:http://xn--u9jy52go4lqthgj6a6fc.com

こちらはウルフカットのような攻撃的な動きを出した髪型です。

毛束感がかなり強く、独特な印象がありますね。

 

<セット法>

まずはドライヤーでブローしていき、型をつけていきます。

ブローが終われば、ワックスを全体に馴染ませて手でつまみながら毛束をつくっていきます。アイロンをお持ちの方は、ワックスの前にアイロンで毛束感や動きを作ってしまいましょう。

ポイントは、何よりも強い束感や動きです。

束感が作りにくい場合、ワックスに少し水を混ぜてみると作りやすくなる場合があります。

 

アップバング

出典:http://xn--u9jy52go4lqthgj6a6fc.com

こちらはトップを立ててボリュームを出した髪型です。

前髪はアップバングにして、おでこを出したヘアスタイルになっています。

サイドはそのまま毛束感をつけて下ろしていますね。

こちらもなかなかオシャレなヘアスタイルになっています。

 

~セット法~

まずはドライヤーでブローし、前髪やトップは立ち上げておきましょう。

続いてアイロンを用いて、全体的に緩く毛束感や動きを作っていきます。

パーマをかけたような毛束感を作ることもこの髪型のポイントなので、アイロンを持っている方は是非チャレンジしてみてください。

ニュアンスパーマなどの緩めパーマをかけるのも良いかもしれません。

 

最後にワックスをなじませてトップをガッツリ立ち上げ、シルエットを整えていきます。

予めブローしているので、ワックスはガチガチに塗らなくてもOKです。あまり塗りすぎるとべとべとした感じになってしまいます。

最後にスプレーで固定して完成です。

 

ナチュラルショート

出典:http://okosuke002.xsrv.jp

こちらはオーソドックスなマッシュ風ナチュラルショートの三浦翔平さんです。

このような髪型もシンプルでカッコいいですね。

 

~セット法~

シンプルな髪型なので、ガチガチにセットしなくても大丈夫です。

まずはドライヤーでブローし、下準備しましょう。前髪は少し斜めに流すイメージでセットしていきましょう。

アイロンをお持ちの方は、アイロンで軽く巻いて緩く毛束感や動きを出していくとオシャレに仕上がりますよ。

最後にワックスをなじませ、丸くするイメージでシルエットを整えて完成です。

 

6:4分け斜めバング

出典:http://robamimireport.com

こちらは6:4ぐらいの位置で分け目を作り、斜めに流した髪型です。

程よく毛束感や動きが感じられ、イケメンさが際立つ髪型になっていますね。

トップは太めの毛束を作り強めにカールをかけて立たせていますね。

 

<セット法>

まずはドライヤーでブローし、全体の形を作っていきます。

分け目をしっかり形作り、サイドは抑え目にしていきましょう。

ブローが終われば、アイロンをお持ちの方はアイロンで毛束や動きを作っていき、なければハードワックスをなじませて指でつまんで毛束を作っていってください。

固定力のあるワックスを用いることで、長く髪型をキープできます。

 

メッシュ

出典:http://robamimireport.com

こちらはメッシュのようなかたちでポイントカラーを入れた髪型です。

メッシュという髪型については、以下の解説をご覧ください。

髪全体に対して部分的に筋のようにカラーリングをすることをフランス語でmecheと言い、メッシュと呼ばれています。

メッシュはヘアスタイルにより一層の立体感を出させるために入れられることが多いです。

出典:https://beauty.hotpepper.jp

 

黒髪パーマ風

出典:https://www.hachi8.me

こちらは色気を感じるツヤのある黒髪が印象的ですね。

細やかな動きが感じられる髪型で、パーマをかけたような雰囲気も出ています。

これまでは大胆で攻撃的な動きの髪型が多かったですが、このような細かい動きが感じられる髪型もカッコいいですね。

 

三浦翔平の髪型のセット法

続いて、三浦翔平さんの髪型のセット法を紹介していきます。

今回は、以下の三浦翔平さんの髪型のセット動画を元に紹介していきます。

<手順① ブロー>

まずはドライヤーを使ってブローしていきます。

トップの部分のボリュームを出し、後は自然な感じでボリュームは抑え目にします。

 

<手順② アイロン>

前髪付近はナチュラルなイメージで、トップの部分は強めにクセ付けしていきましょう。

サイドは外はね(or内巻き→外はね)、後ろは内巻き→外はねでカールをつけていきます。

 

<手順③ ワックス>

続いて、ワックスをなじませていきます。

ワックスをつけながら、シルエットを調整して完成となります。

 

細かい部分は動画でも解説されていますし、実際に一連の流れを見て頂くことでイメージできると思います。

パーマをかけなくても、アイロンを使うことによりこのような強い動きを出すことができますので、持っている方は是非試してみてください。

 

最後のまとめ

ここでは、『短髪やパーマがカッコいい!三浦翔平の髪型は?セット法も紹介』というテーマでお送りしてきました。

 

三浦翔平さんの髪型は、

  • オシャレ感の強い攻撃的なウルフカット
  • ふんわりパーマのような動きを出した髪型

など、洒落っ気や色気を感じるオシャレな髪型が多いですね。

最新のトレンドにもマッチしており、女性ウケが良いのも納得です。

 

最後に、動画で紹介した髪型のセットの手順をもう一度纏めておきますね。

  • ドライヤーを使ってブロー(トップの部分のボリュームを出し、後は自然な感じでボリュームは抑え目)
  • アイロンを使い、前髪付近はナチュラルなイメージで、トップの部分は強めにクセ付け
  • サイドは外はね(or内巻き→外はね)、後ろは内巻き→外はねでカールをつける
  • 最後にワックスをつけながら、シルエットを調整して完成

興味がある方は、是非三浦翔平さんの髪型をマスターしてみてください。

~関連記事~

山崎賢人の髪型やセット法を紹介!短髪ショートやパーマなど

ディーン・フジオカの髪型は?髪型画像やセット法を紹介!

野村周平の髪型は七三分けやナチュラル?画像やセット法を紹介!

 

 

ヘアケア商品ランキング

 

人気の髪型特集