10代で白髪が生えるのはなぜ?大量に生える原因や対策を伝授!

ご覧頂きありがとうございます。

今回は『10代で白髪が生えるのはなぜ?大量に生える原因や対策を伝授!』というテーマでお送りしていきます。

 

なんだか、白髪が増えてきた気がする・・・

恐らく、当記事をご覧になっているあなたはそういった悩みを抱えていらっしゃるかと思います。

10代といった若い時期から白髪が生えてくると色々と悩みの種になりますよね。

かくいう管理人も10代から若白髪が何本かありました笑。

そんな白髪ですが、やり方によっては改善できることも多いんです。ここでは、そんな若い時期からの白髪対策について解説していきます。

 

白髪に悩む10代は意外と多い

このように、10代で白髪に悩んでいる、あるいは悩んでいた方は結構多いようです。

白髪で悩んでいるのはあなただけではありません。

当記事では、そんな白髪に悩む方に白髪対策を紹介していくので、是非最後まで読んで白髪の悩みを少しずつ克服していってください。

 

白髪ってそもそも何?

白髪がどうやってできるか、あなたは知っていますか?

白髪は髪の黒い色素がなくなったものと思っている方も多いかもしれませんが、厳密にいうと少し違います。

というのも、私たちの髪の色はもともと白色なんですね。

 

毛根にあるメラノサイトという色素細胞の力により、メラニン色素が作り出され、このメラニン色素により我々の髪色は黒くなっています。

このメラノサイトは加齢によって減少するので、加齢により白髪が増えるのはこのメラノサイトの減少が原因なんですね。

ですが、10代の若白髪の場合は、他の原因が考えられます。

 

若白髪の原因

若白髪は大半が遺伝によるもの

白髪は基本的に加齢によってできますので、30代頃から出てくる方が多いです。

ですが稀に、10代から出てくる方もいるようです。

こういった若白髪は、基本的に遺伝によって起こるとされています。

白髪というのは、基本的に遺伝によるところが大きいものです。

 

そのほかの要因

基本的に若白髪は遺伝が基本ですが、稀に他のことが原因で若白髪が出る場合があります。

それは

  • 睡眠時間
  • ストレス
  • ダイエット等による栄養不足

といった生活習慣です。

これらのことが原因で血行が悪くなり、髪に十分な栄養が行き渡らず白髪になるのです。

睡眠不足の状態では、健康な黒髪の発達に必要な成長ホルモンが十分に分泌されず、白髪が出ることがあります。

 

また、慢性的にストレスを抱えるような状態だと、血行が悪くなり髪に栄養が行き渡らなくなることがあります。

髪の毛は死滅細胞といわれており、栄養を運ぶ優先順位は低くなっています。逆に言うと、少しでも栄耀不足になると、髪に栄養を回すのが後回しになるため、髪に栄養は行き渡らなくなるのです。

遺伝以外の原因としては、凡そこのようなことが理由となって白髪が出ることがあります。

とはいっても、若白髪の原因は98%が遺伝とも言われているので、基本的に若白髪は遺伝と考えるのが妥当のようです。

 

普段の生活でできる白髪対策

白髪の原因は遺伝によるところが大きいということはこれまでの解説で分かっていただけたかと思います。

ですが、いくら遺伝が原因とはいっても、改善できるのなら少しでも白髪を改善したいですよね。

ここからは、普段からできる白髪対策を紹介していきます。

 

毎日のシャンプーを変える

 

上記画像の「髪萌」は、白髪染めができる有り難いシャンプーです。

えっ、シャンプーで白髪染め?」と思うかもしれませんが、この「髪萌」を使えば、普段のシャンプーで白髪染めができるんですね。

このシャンプーを使えば、普段の生活の中で毎朝白髪を染めたり、美容院で白髪染めをしてもらったりしなくても良くなります。

シャンプーなのでムラなく染めることができますし、部分的に染めることも可能です。

 

特に、「美容院へ白髪染めをしに行かなくても良い」というのは、金欠になりがちな若い方にとっては有り難いポイントですね。

「髪萌」は量的にはかなり割高なシャンプーですが、最初に3回ほど連続して使えば後は1週間に1~2回の使用で白髪ケアが可能ですので、かかる費用は月3000円ぐらいで済みます。

女性で髪の長い方だともう少しかかるかもしれませんが、男性や髪の短い女性であれば3000円以下に抑えることもできると思います。

さらに、ヘアカラーと違って髪が傷むことが無いというメリットは大きいですね。髪を傷めず頭皮を健康に保つことも、白髪増加の防止に繋がります。

 

通常の市販シャンプーと比べると割高ではありますが、美容院で髪を染めると1回6000円~1万円はしますし、美容院に行く手間も考えると割安ではないでしょうか?

細かい使い方などは公式サイトでしっかり解説されていますので、是非ご覧になってください。

\「髪萌」公式サイトはこちら↓/



 

ストレスを減らす

先程述べたように、ストレスにより血行が悪くなり、髪に十分に栄養が行き渡らなくなることがあります。

また、ストレスは細胞の老化の原因になる活性酸素が生じる原因にもなります。

ストレスは、白髪はもちろん抜け毛や薄毛の原因になることも知られています。

このように、ストレスは頭皮にとって天敵なんですね。

なかなか現代生活でストレスを減らすのは難しいところもありますが・・なるべくストレスを溜めないに越したことは有りません。

 

バランスの良い食生活

バランスの良い食生活は、当然髪の毛にも良い影響を及ぼします

何より普段の健康のためにも、バランスの良い食生活は大事なので、若い今から気を付けておくことで将来長く健康でいられる可能性が高くなりますね。

肉や魚、野菜、果物、豆類、海藻などバランスよく摂っていきましょう。

特に魚類や野菜、果物は若い頃はどうしても不足しやすいので、意識して摂取するのがお勧めです。

 

喫煙をしない

まあ10代の方で喫煙している方は居ないと思いますが(法律違反ですね笑)、20歳になってからのことも含めここで紹介しておきますね。

タバコをしないということも白髪を減らすうえで重要です。

というのも、たばこは先程述べた老化を促す活性酸素を増加させてしまうんですね。

これは自分がタバコを吸うだけでなく、受動喫煙にもあてはまります。

受動喫煙を完全になくすのは難しいですが、なるべく受動喫煙をする機会減らすことも重要です。

 

紫外線を浴びすぎない

老化を促す活性酸素は、紫外線を浴びることによっても増えるといわれています。

外出の際には帽子を被るなどして、紫外線を浴びすぎないよう注意してください。

 

適度に運動する

こちらも白髪を減らすだけでなく普段の健康のためにも大事なことですね。

適度に運動することにより、細胞が活性化され、汗をかくことで老廃物が排出されます。

何もマラソンのようなキツイ運動をする必要はなく、普段歩く距離を増やすなど、できることから始めてみるのがお勧めです。

 

病気の可能性もゼロではない

白髪は、基本的には遺伝や生活習慣によるものであることがほとんどです。

ですが、どちらにも当てはまらない場合、「病気」によるものである可能性もあります。

とはいえ、可能性とはしてはかなり低いのであまり気にする必要はないと思います。もし、気になる方は一度病院で診てもらえば良いと思います。

 

白髪は抜いても良い?

よく「白髪を抜くと白髪が増える」などといわれることがあります。

ですが、これは白髪が発生するメカニズムを考えたら完全な出鱈目なんですね。

なので、少ない本数であれば白髪を抜いたり鋏で切ったりするのも選択肢として考えられます。

ですが、白髪が多い場合、特に大量にある場合は一本一本抜いたり切ったりしてもキリがなくなるのでお勧めできません。

そういった場合は、次の「白髪染めシャンプー」を使いましょう。

 

大量の白髪は白髪染めシャンプーで染めよう

先程もご紹介した通り、最近の世の中には「シャンプーをするだけで白髪染めができる」という便利なアイテムがあるんですね。

大量に白髪がある場合、それを全部黒髪に変えるのは事実上不可能に近いので、あきらめて白髪染めをするしか方法はありません。

そんな時に、白髪染めシャンプー「髪萌」は便利ですね。普段のシャンプーで自然な形で染めることができるので、手間も省けて便利です。

詳しくは以下リンクからどうぞ。

\「髪萌」公式サイトはこちら↓/



 

最後のまとめ

ここでは、『10代で白髪が生えるのはなぜ?大量に生える原因や対策を伝授!』というテーマでお送りしてきました。

当記事で紹介した白髪対策は以下の通りです。

  • 白髪染めシャンプーを利用する(白髪が大量にある場合は染めるしかないのが現状です)
  • 食生活を見直す
  • ストレスを減らす
  • 喫煙は避ける
  • 適度な運動を心がける
  • 紫外線を浴びすぎない

 

若い時期から白髪が生えてしまうのは大なり小なりショックがありますよね。

ですが、このように普段の生活から注意していけば、少しずつ白髪の改善ができる可能性は十分に残されています。

あなたもできるところから白髪対策を始めて、白髪の悩みに打ち勝ってください。

 

 

ヘアケア商品ランキング

 

人気の髪型特集