海外の奇抜な髪型のサッカー選手をまとめてみた!

ご覧頂きありがとうございます。

今回は『海外の奇抜な髪型のサッカー選手をまとめてみた!』というテーマでお送りしていきます。

 

海外のサッカー選手を見ていると、時々びっくりするような奇抜な髪型をした選手がいますよね。

外国人には、日本人だとあまり考えつかないようなオシャレをする方も多くいますが、サッカー選手を見ていると、そのことが特に感じられます。

ここでは、そういった髪型が奇抜な海外のサッカー選手を集めてみました。

サッカー選手のびっくりするような髪型をぜひご堪能ください。

 

マルアン・フェライニ

出典: https://commons.wikimedia.org

海外サッカーファンの方だと、「アフロ」といえばこの選手を思い出す方が多いのではないでしょうか。

アフロヘアをしているサッカー選手は少なくないですが、その中でもこのフェライニ選手のアフロヘアは際立っていますよね。

 

ベルギー生まれで、両親はモロッコ人です。ベルギー代表でもプレーしており、ワールドカップに出場した経験も持っています。

2017年現在はかつて香川真司選手もプレーした名門・マンチェスター・ユナイテッドでプレーしています。

他にもアフロヘアのサッカー選手で有名な選手としては、レアル・マドリードのマルセロ選手などが挙げられます。

出典:https://www.dailystar.co.uk

一流選手のアフロはやっぱり様になりますね~。

関連記事:マルセロ(レアル・マドリード)の髪型画像まとめ!【アフロヘア】

 

バカリ・サニャ

出典:https://www.standardmedia.co.ke

2017年夏までイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティでプレーしていた、フランス屈指のサイドバックです。

7か月のフリー期間を経て、2018年2月にイタリアのベネヴェント・カルチョというクラブへ移籍しています。

髪の毛に白色の装飾が施してありますね。

 

サニャ選手の代名詞でもあるこの髪型、実はヘアーエクステンション(付け毛)であり、地毛ではありません。

ヘアーエクステンションをしたきっかけは、父と試合でゴールをしたらヘアーエクステンションをするという賭けをし、実際にその試合でゴールを決めたことがきっかけになっているようです。

 

ジェルビーニョ

出典:http://www.skysports.com

コートジボワール代表の選手で、2014年のブラジルワールドカップ日本戦にも出場しています(試合結果は1-2でコートジボワールが勝利)。

このとき、日本戦で逆転ゴールを挙げた選手がこのジェルビーニョ選手です。

2016年からは中国の河北華夏幸福でプレーしており、かつてはローマやアーセナルでもプレーしたフォワードです。

 

ヴァグネル・ラヴ

出典: https://commons.wikimedia.org

髪型自体はこれまで紹介してきた選手とも似ていますが、こちらはなんと髪を青色にしています。

ブラジルの選手で、ブラジル代表でのプレー経験もあるフォワードです。

 

ブラジルやロシアなどのクラブを渡り歩き、CSKAモスクワ時代には日本の本田圭佑選手とチームメートだったこともあります。

関連記事:本田圭佑の黒髪の時の髪型は?今とは印象が違う?

2016年夏からはトルコのアランヤスポルでプレーしています。

 

ポール・ポグバ

出典:https://www.birminghammail.co.uk

フランス代表で、現在はマンチェスターユナイテッドでプレーするポール・ポグバ選手です。

世界最高の移籍金(当時)で移籍するなど、ワールドクラスの選手の1人であるポグバ選手ですが、奇妙な髪型にしていることが多くあります。

以下の記事ではポグバ選手のヘアスタイルを数多く紹介しています。

関連記事:ポール・ポグバの髪型がヤバい!ポケモン由来の髪型も?

 

ステファン・エル・シャーラウィ

出典:https://www.pinterest.jp

イタリア代表で、2016年からはイタリアのASローマでプレーしています。かつてはACミランでもプレーし、本田圭佑選手のチームメイトだったこともあります。

関連記事:本田圭佑の黒髪の時の髪型は?今とは印象が違う?

エジプト人の父とイタリア人の母の間に産まれ、16歳でセリエAデビューを果たすなど早くから将来が注目されるような選手でした。

にわとりのとさかのようなモヒカンが特徴的ですね。

 

ネイマール

出典:https://www.menshairstyletrends.com

ブラジル代表のエースとして人気の高いネイマール選手ですが、髪型も非常に多彩ですよね。

上記画像では、バックの髪にひも状のものをつけています。他にも、ネイマール選手は様々な遊び心の強いスタイルに挑戦しています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事:【2018 最新】ネイマールの髪型15選!ツーブロックのやり方も紹介!

 

カイル・ベッカーマン

出典:http://heavy.com

アメリカの国内リーグ(MLS)でプレーし、アメリカ代表の経験も豊富な選手です。

2015年にはMLSの最多出場記録を更新し、2018年1月現在その記録保持者となっています。

 

髪が非常に長く、ドレッドヘアのような髪型になっています。ドレッドヘアのサッカー選手は時折いますが、ここまで長いのは珍しいですね。

ドレッドヘアというと黒人の印象が強いので、白人であるベッカーマン選手がドレッドヘアのような髪型にしていることも新鮮味を感じます。

 

アントワーヌ・グリーズマン

出典:https://www.sondakika.com

アトレティコ・マドリードのアントワーヌ・グリーズマン選手は、オフシーズンにこのような奇抜な青髪にしていたことがあります。

お洒落なサッカー選手といえど、青髪はなかなか見ませんよね。

他にもグリーズマン選手のヘアスタイルはなかなか興味深いスタイルも多いです。グリーズマン選手のヘアスタイルについては、以下の記事をご覧ください。

関連記事:アントワーヌ・グリーズマンの髪型画像を紹介!ロングやパーマなど

 

バルデラマ

出典:http://stats.televisadeportes.esmas.com

こちらも最初に紹介したフェライニ選手と同じアフロヘアですが、こちらはそれ以上にインパクトのある髪型ですね。

かつてのコロンビア代表の中心選手の1人で、南米年間最優秀選手賞を受賞した経験もあります。

コロンビア国内のクラブを渡り歩いたあと、フランスのモンペリエHSCやスペインのレアル・バリャドリードでプレーし、再度コロンビアへ帰った後晩年はアメリカ合衆国のクラブでプレーしました。

 

レネ・イギータ

出典:http://www.worldfootball.net

前述したバルデラマとともに、長らくコロンビア代表の中心選手の1人だった選手です。ポジションはゴールキーパーです。

稀に自ら相手側のフィールドまで持ち上がるなど特殊なプレースタイルで、キーパーとは思えない高い足元の技術を見せることもありました。

こちらもバルデラマほどではないにしてもかなり独特な風貌です。当時のコロンビア代表、なかなかクレージーですね(笑)。

 

タリボ・ウェスト

出典:http://esther.ng

ナイジェリア代表の選手で、イタリアやイングランドなどのクラブを渡り歩き、ワールドカップにも2回出場しています。

頭に2本の角が生えたような特異な髪型で、色も緑色です。

これまで紹介してきたものとはまた違った独特さがあるヘアスタイルですね。

 

ロナウド(ブラジル代表)

出典:http://0-yansnews.blog.so-net.ne.jp

かつてのブラジル代表で、世界を代表する選手でもあったロナウド選手は、日韓ワールドカップの大会途中に突然このような髪型にしました。

いわゆる「大五郎ヘア」ってやつですね。前側の長く残した部分を頭頂部まで広げれば、「GIカット」という髪型になります。

関連記事:GIカットはどんな髪型?クラシカル最新の画像や作り方紹介!

 

大会途中に突然このような髪型にしたので話題になりましたが、これには実は深いわけがあったようです。

というのも、チームメイトのロナウジーニョ選手が、ワールドカップの準々決勝(イングランド戦)で退場になり、批判にさらされていました。

そこで、あえて話題になる髪型にして世間の注目をロナウジーニョ選手から自分に向けようとした、というのがこの髪型にした理由だそうです。

 

ハビエル・マルガス

チリ代表のディフェンダーで、代表通算63試合出場を誇るかつてのチリの代表的選手でした。

チリの名門であるCSDコロコロなど南米でのプレーが中心でしたが、ウエストハム・ユナイテッドでのプレー経験もあります。

関連記事:ハビエル・エルナンデス(チチャリート)の髪型を紹介!

 

ロベルト・バッジョ

出典:https://wallscover.com

かつてのイタリア代表の選手で、1993年には欧州年間最優秀選手とFIFA世界年間最優秀選手に選ばれるなど当時の世界を代表するプレイヤーの1人でした。

その奇妙な髪型から「コディーノ」(馬の尻尾)という愛称ももち、「偉大なるポニーテール」などと呼ばれることもあるとか。

 

ベッカム

出典:http://machohairstyles.com

ベッカム選手はレアルマドリード時代の2003年頃、このようなポンパドールを2つ作ったヘアスタイルにしていたこともあるようです。

現在はファッションアイコンとしても有名なベッカム選手ですが、そのヘアスタイルの多彩さも見る者を魅了します。ベッカム選手の髪型をもっと見たい方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事:ベッカムの髪型まとめ!オールバック、ソフトモヒカンなど一挙紹介

 

ジェイソン・リー

イギリスの下部リーグを中心に多くのクラブを渡り歩いた選手で、ノッティンガム・フォレスト時代はイングランド1部のプレミアリーグでもプレーしました。

派手なパイナップルカットが印象的ですね。

 

番外編:1998年のルーマニア代表チーム

出典:https://www.birminghammail.co.uk

1998年のフランスワールドカップに出場した時のルーマニア代表のチームです。

フランスワールドカップというと、日本が初めて出場したW杯でもありますね。

髪型でチームの結束を表現したのか、なんと全員が金髪&短髪という髪型にしていました。なんだか微笑ましいですね。

 

最後のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は『海外の奇抜な髪型のサッカー選手をまとめてみた!』というテーマでお送りしてきました。

初めて見ると度肝を抜かれるような髪型ばかりですね。

サッカーに限った話でもないですが、このように世界に目を向けると日本にいてはあまり想像がつかない奇抜な髪型も多くあります。

あなたは、どの選手の髪型がお気に入りですか?

~関連記事~

サッカー選手のパーマの髪型まとめ!【スポーツ選手の髪型】

カッコいいツーブロックの髪型のサッカー選手をまとめてみた!

PSGネイマールの髪型はツーブロックやパーマ?作り方も紹介!

 

 

ヘアケア商品ランキング

 

人気の髪型特集