GIカットとは|セルフカットの仕方や長さも解説

ご覧頂きありがとうございます。

ここでは『GIカットとは|セルフカットの仕方や長さも解説』というテーマでお送りしていきます。

 

GIカットとは、アメリカ兵が始めた特殊な髪型が由来となっています。

GIというのは、アメリカ陸軍兵士の略称です。何の略称かは複数の説があるようですが、一般的にはGalvanized Ironの略とされています。

Galvanized Ironは亜鉛メッキの鉄という意味になりますが、亜鉛メッキの製品だということを示すのにこのG.I.が用いられ、それが陸軍兵士の略称に使われるようになったようです。

 

軍人であるアメリカ人兵士がヘルメットを被りやすい髪型であったため、当時の軍人の間で広まったとされています。

出典:http://s.webry.info

特殊な髪型とはいっても、こんな感じで普通にカッコいい短髪の髪型ですよ。

死語となってきたGIカットでしたが、最近になりツーブロックに熱い視線が注がれる中、GIカットにも俄かに注目が集まっているようです。

ここでは、そんなGIカットについて紹介していきます。

 

GIカットは世間でも注目されている

このように、GIカットは世間でも徐々に注目を集めてきている髪型です。

GIカットのような、男らしい短髪の髪型に魅力を感じる方は多くいます。それでは、そんなGIカットについて、具体的に画像を見ていきましょう。

 

男らしさ満載のGIカット画像集

クラシカルなGIカット

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こちらは、クラシカルなGIカットです。

GIカットは歴史ある髪型で、1950年頃から始まった髪型です。

出典:http://www.instapuk.com

このようなクラシカルなGIカットは、当時のGIカットをそのまま表現しています。サイドやバックは刈り上げ、トップもかなり短く切り込んでいます。

少しイカツイ印象も受けるヘアスタイルですが、この独特な男性らしさに魅力を感じる方も多いようです。

出典:http://s.webry.info

先程紹介したこの画像も、クラシカルな感じのGIカットですね。この男性の髪型は、かなりカッコいいですよね。

 

ネオGIカット

出典:http://www.instapuk.com

このような、現代の流行に合わせたGIカット「ネオGIカット」もあります。

よりお洒落でモダンな髪型となっていますね。従来のヘアスタイルに比べると、アップバングを取り入れるなど随所にオシャレが発揮されています。

 

また、トップとサイドの境目にはグラデーションを施しています。先程も言及したように、グラデーションを入れることで、自然な仕上がりになります。

そのため、奇抜感を出し過ぎないためにもカットの際にはグラデーションを施しておくのがお勧めです。

 

従来のGIカットに少しオシャレや爽やかさ、清潔感を加えたい場合は、是非こんなネオGIカットにしてみてくださいね。

 

その他のGIカットに似た髪型

GIカットのような髪型は、ほかにも様々な名前で呼ばれることがあります。正直ほとんど同じといっても良い髪型なので、少なくとも日本ではこれらの違いは気にしなくて良いのではないでしょうか。

 

シーザーカット

出典:http://niki310.blog.so-net.ne.jp

シーザーカットは、かつてのローマ帝国のカエサル帝にちなんだ髪型です。上記画像のカエサル帝の像のような髪型のことを、シーザーカットと呼ぶことがあります。

出典:https://menhairstylesworld.com

例えば上記画像の髪型は、かなりカエサルの像に近いですね。シーザーカットについては以下の記事で解説しているので、併せて参考にしてください。

関連記事:シーザーカットはどんな髪型?【画像・動画で解説】

 

クルーカット

海外では、GIカットのような髪型のことを「Crew Cut(クルーカット)」と呼ぶことが多いです。ちなみに、コトバンクのサイトにおいては、クルーカット=GIカットといった形で解説されています。

ここ日本では、GIカットの別名ととらえておけば問題なさそうです。

 

スポーツ刈り・坊主へア・ツーブロック

これらは日本でかなり有名な髪型ですが、これらの髪型の中には、GIカットに近いような髪型もありますよね。

日本では、これらの髪型のうちの一部が、GIカットという感じになっているような。

 

GIカットをあえて定義すると「アメリカ軍の陸軍兵士の髪型」といったところです。なので、これらの髪型とは明確な違いはなく、GIカットはツーブロックやスポーツ刈り、etc..でもある、と言っても良いのではないでしょうか。

なので、これらの髪型とは、違いはあまり気にしなくても良いでしょう。

GIカットという言葉の響きもなんだかカッコいいですよね。どちらの表現を使うかは、あなたの好みに応じて使ってくださいね。

 


GIカットのカット動画

 

上記動画は、GIカットのカット動画です。こんな感じでバリカンでサイドやバックを刈り上げ、フェードを入れてトップと繋ぎ、トップも短くカットします。

上記動画においては、短い部分の長さはバリカンの0mmまたは3mm、トップの長さは1インチ(約2.5cm)以下に設定します。この辺は、お好みで変えて頂けばOKです。

最初は少し難しいかもしれませんが、慣れてしまえばハイレベルなGIカットを自分でつくることができますよ。

似たようなボウズのカット方法については、以下の記事で詳しく解説しているので併せて参考にしてください。

関連記事:お洒落坊主(スキンフェード)の切り方・セルフカットを動画と共に紹介!

 

最後のまとめ

ここでは『GIカットとは|セルフカットの仕方や長さも解説』というテーマでお送りしてきました。

GIカットには大まかに分けると

  • 短く刈り込んだクラシカルなGIカット
  • アップバングやパーマなどでオシャレに決めたネオGIカット

があります。

ネオGIカットのほうが無難にキメられるので、無難に選ぶならネオGIカットだと思います。ネオGIカットだと、あまりGIカットといった感じはしませんが。

クラシックなGIカットの独特な男らしさも魅力的ですよね。どちらを選ぶかはあなた次第といったところです。

興味を持った方は、是非当記事を参考にGIカットにチャレンジしてみてくださいね。

~関連記事~

お洒落坊主(スキンフェード)の切り方・セルフカットを動画と共に紹介!

アイビーカットとはどんな髪型?切り方・セット法を解説

【海外・外国人の髪型】メンズのベリーショートヘアスタイル12選!

 

 

ヘアケア商品ランキング

 

人気の髪型特集